枝脚 / 

トチの木

Branch table
Horse chestnut

日本の古家具によく見られる補強の入れ方を応用したもので、細いストレートの脚に細い線の補強を入れた華奢なデザインです。

それぞれの材に対する脚の太さや、木の四隅の脚のつく場所など、微妙な違いで印象も変わるため、天板とのバランスをその都度検討して配置しています。

補強に添うように入れてある横に見える鉄は、天板の反り止めの効果を出しつつ、木を締まった表情にしています。

天板の強度を増す効果もありますので、細い脚ですが安定は問題ありません。

無垢の一枚板は、経年変化で少しずつ濃くなっていく様子も楽しめ、傷も味わいとして残ります。

 

* 脚下には高さ調整ができるアジャスターが付属します。

ストックがあれば「現品販売の家具」ページに掲載いたします。

These are one-of-a-kind products.(works in the past)